無添加 育毛剤

無添加育毛剤のメリットは?

男性用でも無添加の育毛剤が増えてきました。昔は無添加というよりも刺激性の高い成分は発毛作用があるということでエタノールなど配合量が多くベタベタしてしまう育毛剤が多かったわけですが、最近では無添加の育毛剤が増えてきました。

 

無添加というと香料や着色料など育毛剤でも使用されていないことが多くなり、原液の色そのままの育毛剤が多いですが、ほとんどが使用してみると無色透明なものが多いんですよね。頭皮が弱い方に無添加の育毛剤はおすすめですが、男性でも頭頂部から髪が薄くなる方に育毛剤は、おすすめです。

 

防腐剤等もパラベンや無添加なども出てきている

香料や着色料は、頭皮が荒れない人も多いですが、荒れやすい方の場合だとダメージが蓄積されてしまう成分ではあると思います。また防腐剤もパラベンからフェノキシエタノールなど変更されている面はありますが、無添加の育毛剤以外にも化粧品やヘアケア製品などパラベンをめぐって色々書かれていたりします。

 

パラベンの代わりにフェノキシエタノールが配合されていることは多くなってきています。しかしパラベンの方が配合量が少なくてすむのと、液体内の細菌の種類を多く殺菌できるので、パラベンに抵抗がない方はパラベンの方がある意味安全とも呼べるでしょう。

 

洗い流したりする必要はないけど頭皮に負担がかかりにくい成分のを使用しよう

無添加の育毛剤では、合成ポリマーや石油系界面活性剤が使用されていなかったりするので、できるだけ洗い流したほうが良い成分でもあることから頭皮へのダメージの蓄積が軽減されているのが大きな魅力の無添加育毛剤です。やはり無添加だとより頭皮が男性よりも一般的に弱い女性でも使用しやすいので、女性育毛剤ランキングでも安定して人気となっているようです。

 

育毛剤も次の日の夕方になると汚れとして洗い流す必要があるので、蓄積しやすい成分が配合されていないとやはりシャンプーでは洗い流しやすくなるので、またシャンプー後の育毛剤が浸透しやすくより良い循環になってくると思います。

刺激が少ない女性にも人気の無添加育毛剤WAKA

水分を一切使用しない育毛剤WAKAが人気となっていますが、無添加で刺激が少ないのも大きな特徴の1つです。合成ポリマーが配合されていませんが、主に合成ポリマーというとなんだかわからない印象がありますが、シャンプーで配合されているシリコンが主に代表例となるでしょう。

合成ポリマーが配合されていないのも特徴

合成ポリマーの特徴は、髪がツヤツヤになる作用や洗浄力が強いシャンプーに対して髪が軋んでしまうので、きしみ防止と言う点で使用されます。シャンプーに配合されていることが多いですが、シャンプーでは流してしまいます。

 

育毛剤だと流さないで湿布した状態になるので、配合されていても少量だとか配合されていないことのほうが多いかもしれません。合成ポリマーで代表例なのはシリコンなどのジメチコンやカルボマーなどが当たります。

 

合成界面活性剤を使用していないのも育毛剤WAKAの特徴

またWAKAの場合には合成界面活性剤が配合されていませんが、合成界面活性剤は主にシャンプーの洗浄成分として使用されています。ボディソープや石鹸など油汚れを浮かすために必要な成分です。

 

刺激的な合成界面活性剤は主にラウリル硫酸Naやオレフィンスルホン酸など配合されたりしていますが、WAKAの場合には配合されていないのが特徴です。シャンプーの洗浄成分なのでよほどのことがない限り育毛剤では配合されないのかもしれません。また鉱物油も配合していませんが石油系から主に作られます。

 

赤ちゃんが使用するミネラルオイルなどにも使用されているので、安全とも言われていますが、賛否両論のような形になています。

 

香料や着色料が無添加で刺激が少ない育毛剤WAKA

その他成分では着色料や香料など、無添加で使用しやすく刺激が少ないのが薬用育毛剤WAKAの大きな魅力です。

 

育毛剤は頭皮ケアも行えるので、髪に栄養が行き渡りやすいため白髪を改善しやすいですが、抜け毛とともに白髪が気になる人は白髪染めノンシリコントリートメントを活用すると効果的でしょう。