無添加 シャンプー

頭頂部から髪が薄くなる場合の原因は?

無添加の育毛剤が良いと思っても生え際から薄くなるタイプの方や頭頂部から薄くなる方など様々です。

 

無添加育毛剤がしっかり頭頂部に効くかどうかは、しっかりまず頭頂部から髪が薄くなる場合など原因を理解するとよいでしょう。

 

頭頂部から髪の毛が薄くなってしまう場合はどのような原因が考えられるのでしょうか。

 

男性に主に見られる薄毛の症状として頭頂部から薄くなる場合が多く見られます。

 

これはAGA(男性型脱毛症)の特徴的な症状で、頭頂部だけでなく生え際も薄くなることがあります。

 

AGAが起こる原因は男性ホルモンと酵素が結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が発生することで髪の毛の成長を阻害するためです。

 

頭頂部や生え際はDHTの影響を受けやすい?

頭頂部または生え際にはDHTの影響を強く受けやすいことから薄毛になりやすいといわれています。

 

AGAは徐々に進行しているため、「なんとなく薄くなってきたな」と思った段階できちんとケアしなければどんどん薄毛が広がってしまうという状況になるので注意が必要です。

 

ですのでしっかり男性用の育毛剤を使用してDHTを生成しないようにブロックしていきましょう。

 

最近は医療機関でもAGAの治療を行なうことができ、適切な治療薬やヘアケアを実践することが効果的だと言われています。

 

できるだけ早い段階で治療を行なうことが効果的だと言われていますので、気になった場合はすぐにお近くの専門医にご相談ください。

頭頂部の薄毛の解消方法は?

頭頂部の薄毛の原因はAGAだけとは限りません。

 

普段の生活習慣が要因となって引き起こされる可能性もありますので注意しましょう。

 

特に注意したいのが間違ったヘアケアです。ヘアケアでもポピュラーなのは、育毛剤よりもよりシャンプーが大切です。

 

育毛剤でもケアは可能ですが、皮脂量が多くなるので皮脂ケアのためにも育毛剤よりもシャンプーを優先させたいところです。

 

例えば頭皮が皮脂でベタベタするのがイヤなので朝晩の2回、汗をかいた時には更に複数回シャンプーをしているという方は明らかにシャンプーのし過ぎが原因で頭皮に強いダメージを与えていることが原因です。

 

そもそも皮脂がなぜ多く分泌されているのかを考えなくては根本的な解決にはなりません。

 

皮脂が過剰分泌しやすい原因は?

脂っこい食事ばかり摂っていないか、睡眠不足が続いていないか、ストレスを過剰に感じていないか、帽子もかぶらずに日光の下で長時間過ごしていなかったかなどの点を確認してください。

 

これらは皮脂を過剰に分泌させる要因となり得ることなので、改善できることから見直すことで皮脂量も少なくなるはずです。

 

また過剰にシャンプーを行なうことは皮脂を余計に分泌させる要因にもなります。

 

このように普段のヘアケアや生活習慣を見直すことが頭頂部の薄毛を解消させることにも繋がります。

 

育毛剤でも分子ピーリングで頑固な皮脂汚れを落とすようにしていくと皮脂バランスを整えられるので試してみるとよいでしょう。

 

 

頭頂部の抜け毛対策しやすい?

育毛剤は頭頂部に聞きやすい場合は皮脂ケアのために皮脂のバランスを整えるられるような成分が配合されているということが大切です。

 

そして皮脂が多くなると皮膚内の水分量が少なくなっているので、頭皮が硬くなっている場合が多いので、血行促進できるタイプの育毛剤で頭皮マッサージを繰り返すようにしていくとよいでしょう。

 

また生え際と違って育毛剤を使用するときに確認しづらい場所でもあるので、育毛剤を湿布するのが苦手な人は、スプレー式を使用すると塗り残しがなく、しっかり育毛剤の効果を発揮しやすくなります。

 

 

 

頭頂部の薄毛の場合には、頭頂部全体が薄くなりやすい面があるので、スプレー式の育毛剤の方が塗る範囲が多い場合にはまんべんなく活用できるので、うまく活用してみましょう。